--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月22日 (火) | Edit |
先日、あるテレビ番組で一流のスポーツ選手が
雑用を率先してやっているということを取り上げていました。
ひょっとしたら、見た方がおられるかもしれませんね。

その選手は、雑用を嫌々ではなく自ら積極的にやることで
「気付き」が得られるということで、その様な些細な「気付き」が、
競技中に相手選手のちょっとした動きにも気付けることに
繋がっているということでした。

それを聞いて、私は“なるほどそうだな”と思いました。
私は毎朝1時間ほど院内の掃除をしていますが、
掃除は、単に流れ作業的にやっていてはつまらないと思いますが、
小さな汚れにも真剣になって没頭できると「気付ける」ことがあります。

ただ、この番組内でこの雑用の話を聞いた方々の反応は、
あまりそこまで理解しておられないような感じがしました。

実は今回一番感じたことは、そこなのですが、
私にもそういうところは無いだろうか・・・と思ったのです。

恐らく、雑用をすることが気付きに繋がるというのは、
経験したことが無い人にはあまり理解できないものだと思います。

私も、自分が経験していないこと、知らないことに関して、
ちゃんと考えず、軽く済ませてしまっていることが
たくさんあるのではないだろうかと・・・。

特に経験したことが無いことや、知らないことに接する場合に、
慎重な気持ちというか、謙虚に考える気持ちを
出来る限り持っていたいと思いました。

また、理解して貰えるように伝えることの難しさも
改めて感じました。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。