--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月29日 (水) | Edit |
6月なのにもう梅雨明けしたのではないかと思うような
暑い日が続いております。

ニュースを見ると、熱中症等で体調を崩す方も増えているようなので、
水分補給をしっかりして、あまり無理せず睡眠を多めにとるなどして
十分に気を付けて頂きたいと思います。

特に暑い中でお仕事をしなければならない方は、
これからの時期が本当に大変かと思いますが、
自分の心身も大事にして頑張って頂ければと思います。

・・

さて、もう6月も終わろうとしておりますが、
私的にはだいたいこの時期4~6月というのは、
ここ何年か転換期と言いますか、
まあ良くないことが起こる時期になっています。(笑)

良くないことが起こるというと、
何もしていないのに勝手に不幸が降って来るように
聞こえてしまうかもしれませんが、そうではなく、
やった結果(行動した結果)が良くないということなんです。

だから、(余計な?)行動を起こさなければ
いいのかもしれません。

実際にあとでそう思うこともあります。。

ただ、やって初めて本当に気付くこともありますし・・・
行動から得るものが大きいとすれば、
結局のところ、やるしかない と思ってしまったりするわけです。。

・・

しかし、勿論ただ単に何でもやればいいというものではないですね。

やる前には、しっかり考える必要があります。

しっかり考えて、創造して、じっくり練って行くうちに
イメージが固まって来て行動する。

この辺りのバランスが大事なんだと思うわけですが・・・
そう上手く行かなかったりするわけです。。

でも、上手く出来ないからこそ、
試行錯誤して頑張ってやって行こうと思っています。

スポンサーサイト
2011年06月16日 (木) | Edit |
私は、結構色んな本を読むのが好きなのですが、
本を読んでいると、「いいこと書いてあるなー」とか
「この表現はわかりやすいなー」と思う
文章に出くわすことがよくあります。

でも、今までは、その場でそう思っただけで、
やはり時間が経つと段々と忘れてしまっていたのですが、
最近になって、いいなと思った文章は出来るだけノートに
書き留めるようにしました。

いい文章は、何度も読み直す価値があるように思います。

その中で、今回一つ紹介させて頂きたいと思います。

残念ながら文章の引用元を控えていなかったので、
どこから書き写したものかが定かではないのですが・・・

--引用はじめ--

つらいことはつらい、怖いことは怖いと言って、
自分の中にある不安をまず認めることからはじめないと
ネガティブな感情は克服できません。

認めたうえで、そんな自分を赦していくことが最初のステップです。
怒りや恐怖の感情をあらわにしてしまうことは
いいことではありませんが、無理に我慢することは、
その感情が精神の奥深いところに蓄積してしまうことを考えると、
もっといけないことかもしれません。

表明してしまうのでもなく、我慢してしまうのでもなく、
それを認めてじっくりと味わうことで、
その感情を克服していけるのです。

--引用おわり--

いかがでしょうか?

私も基本的にその通りだと思います。
(正直なところ、若干、私の考えとニュアンスが違う箇所はありますが)

ネガティブな感情の克服は、そう簡単な事ではありませんが、
ちょっとでも参考になった方が一人でもいらっしゃれば嬉しく思います。^^

2011年06月04日 (土) | Edit |
治療させて頂いた患者様が元気になられた姿
を見れた時というのは、治療家として、
やはり嬉しい瞬間です☆

人は誰しも、
人に喜んで貰えたり、
人の役に立てたと思えた時は、
嬉しいと思うものだと思います。

そして、患者様が元気になられると
その患者様の周囲の人までも元気になることがよくあります。

例えば、ご家族の方も元気になったり、
職場の雰囲気が明るくなったり、活気が出たり。

やっぱり元気な人がいると
何となくその周囲も影響される事がありますよね?

・・

因みに、
元気と言いましても、
大きな声を張り上げたり、人前で活発に動くことを
指しているのではありません。

その人にとって、自然でいられる状態と言いますか、
心身ともに健康な・健全な状態が元気な状態だと
私は思います。


・・

自分が元気になったら
周りの反応も変わったとか、
何か人間関係がスムーズに行くようになったとか
結構、患者様からその様なお話を伺います。

患者様が心身ともに健康を取り戻したことで
患者様自身が幸せになり、さらに周囲の人も幸せになる。
そして、それを聞いた治療家も幸せを感じる。

これを ハッピートライアングル と呼んでいます。

このハッピートライアングルが完成すると
実に嬉しいです!


そして、最近よくお聞きするのが、
元気になられた患者様を軸とした
さらに別のハッピートライアングル
出来上がっているということです。

どういうことかと言いますと、
例えば、こういうことです。

患者様の職場の同僚が家庭内の人間関係に悩んでいたとして、
患者様がその同僚の悩みを聞き、元気づける。
その結果、同僚が元気になり、ご家族も幸せになった。

そして、相談に乗った患者様が同僚から感謝され幸せを感じる。

といったようなお話をお聞きするのです。

こういったお話を患者様がして下さる時は
患者様も本当に幸せそうで、
そのご様子を見ると、私も本当に嬉しいです!!

・・

ただ、元気になられた患者様が、
最初からその様にお元気だったわけではありません。

最初から元気でしたら、
当院に治療を受けにはいらっしゃいませんからね(^^)

最初は、不安やストレスを抱えておられたり、
ネガティブな事、否定的な事、マイナスな事ばかりが
つい口から出てしまう状態だったりします。

それでも、やっぱり人って変わって行くものです。

勿論、現状のままでいいという人は別ですが、
ココロとカラダの状態を本気で変えたい
という気持ちを本当にお持ちでしたら、
きっと変わって行けると思います。

そういった方のお力になれるよう
しっかり頑張って行きたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。