--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月20日 (火) | Edit |
加圧トレーニングは、専用のベルトを腕の付け根に巻いて、
圧迫して血流を制限した状態でトレーニングします。

この時にとても重要なのが『適正圧』です。

強く圧迫し過ぎても、弱すぎても効果に影響します。

・・

では、この『適正圧』をどうやって決めるかというと、
年齢や性別、体格だけでは決まりません。

筋肉量や脂肪量、血圧や脈拍をプラスしても、恐らく決まりません。

なぜなら、筋肉の付き方や質、血管の位置や抵抗力、神経が通っている場所などなど
人それぞれ違うからです。

では、それらも機械か何かで正確に測れば決まるかと言うと、
それでも難しいと思います。

なぜなら、人には心があるからです。

いくら機械ではじき出した『適正圧』であっても、
それに余裕で耐えられる人もいれば、きつくて耐えられない人もいます。

なので、そういった様々な要素を考慮した上で、
人それぞれ決めていかなければならないわけです。

勿論、同じ人であっても、その日のコンディションによっても変わりますし、
トレーニングを繰り返して行くうちに体が変わって行きますので、
それに伴い、適正圧も変わります。

・・

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、
別に加圧トレーニングの話をしたかったわけではありません。(笑)

何をするにも自分にとっての『適正圧』があって、
それは人それぞれ違うものだということが言いたかったわけです。

勿論、『適正圧』というのは、例えであって、
状況に応じて何か適切なものに置き換えて欲しいのですが。^^


人を参考にするのはいいかもしれませんが、
自分とは体格や性格も違い、生まれ育った環境も、これまでの経験も
何もかもが違う人にとって良かった方法と、自分にとっての良い方法が一緒なはずがないと思うのです。

なので、人を参考にしながらも、自分なりに試行錯誤して
自分なりの『適正圧』を見極めて行くしかないと思うわけです。


2012年11月19日 (月) | Edit |
就職先とか、誰と付き合うとか、結婚するとか、
重要な選択に迫られた時にどうやって選んだらいいか?

先日、あるクライアントとの会話から
【ちょっかん】がいいという話が出ました。

そのクライアントは、ある重要な選択が必要な場面で、
どう選んだらいいかわからず悩み、ネットで【ちょっかん】
に頼るのがいいといった内容を見つけられたそうです。


確かに、最初に【ちょっかん】でイイと思った方が
やっぱり良かったということは、経験があると思います。

ただ、逆に第一印象でイイと思った方が
後から考えると良くなかったという経験もあるかと思います。


私は、【ちょっかん】といっても、
『直感』と『直観』があるのではないかと思います。

『直感』の方は、感情を伴っているので、
その時の感情によって思考が左右されてはいないでしょうか。

例えば、以前人から怒られて怖い思いをした場合、
恐怖といったマイナス感情を持っているので、
その感情に引きずられて、見た目が怖そうな人(場所)は避けるとか……。

しかし、感情的なものに引きずられて判断してしまうと、
あとあと、後悔することもあるかもしれません。

一方、『直観』は、よく観て観察し考えます。
感情に引きずられず冷静に思考を働かせます。


決して感情を否定するわけではなく、
感情そのものは勿論必要ですが、重要な選択をする場面では、
まず冷静に考えることが必要ではないかと思うわけです。

冷静に考えた上で、やっぱり感情的に違う方を選択しても
承知した上で自分がそう決断したのであれば、
それはそれで『有り』だと思いますが。


当院のセラピーでは、マイナス感情を取り除けますので、
冷静に判断できる良い状態で直観力を働かせて頂きたいと思います。


2012年11月18日 (日) | Edit |
昨日は、久しぶりに祖母に会って来ました。

祖母はあと2ヶ月ちょっとで99歳。

歩けませんが、座ることは出来ます。

私が休みの木曜日は施設に行く日なので、
祖母に会ったのは数ヶ月ぶりくらいだったでしょうか。

今回は寝ておらず、座ってテレビを見ていたので、
「こんばんは」と挨拶して部屋に入って行くと、
「・・・・・・」顔を合わせてくれません。

世話をしている叔母が「誰だかわかる?」と言うと、
祖母は首を横に振ります。

叔母が祖母の耳元で私の名前を告げると、
祖母は私の方を見て、満面の笑みで答えてくれました。

そして、「ごめんなさい。分からんかった。」と。

数ヶ月前に会った時も、顔を覚えて貰えていませんでした。

今回も久しぶりなので無理もないですね。

でも、名前を聞いたら、直ぐに分かって貰えただけとっても嬉しいです。
そして、あの満面の笑み。

以前よりも、顔色・つやも良く、座っている姿勢もシャンとしていました。
そして、以前よりも色々しゃべるようになったようです。

これからは、週に一度は何とか会いに行こうと思いました。
顔を覚えて貰うために。^^


2012年11月17日 (土) | Edit |
11月も半ばになり、段々と今年もあと少しという感じになってきますね。

「一年はほんとあっという間ですね~」
「何だか年々時が経つのがはやく感じますね~」

といった会話が自然と出てきます^^


ところで、実際に時の経過の感じ方は、年齢の逆数に比例するという
心理的な法則?があるようです。

「ジャネの法則」というそうです。

それによると、
1歳の子の1年は、1分の1ですが、
50歳の人の1年は、50分の1という感覚になるようです。


ただ、時の経過の感じ方は、年齢に限りませんね。

楽しい事をしている時間・充実している時間・ワクワクしている時の時間は、
短く感じますし、
苦痛な時間・退屈な時間・つまらないと感じている時の時間は、
長く感じます。


結局、あくまで自分の感じ方しだいなので、
例えば、年の離れた人と話をしたり、自分と違う立場、違う考えの人から話を聞いたり……
そういった人との関わりの中で、良い刺激を受けることによって、

時間が短く感じて焦っている時には冷静に落ち着けたり、

退屈でつまらない時間を中身のある充実した時間に変えたり、

自分の時間の感じ方も変わって行けると思います。


色んな人と関われるということは、本当に有難いと思います。^^


2012年11月16日 (金) | Edit |
価値のない実験なんかない

まずはやってみる--その姿勢が大事なんだ

頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。
そんな奴らはまず大成しない。
どんなにわかりきったことでも、まずやってみる。
実際の現象からしか新発見は生まれない。

・・

これらは、今朝電車の中で読んだ「ガリレオの苦悩 (文春文庫)
の湯川准教授のセリフです。

ガリレオシリーズは、犯罪のトリックの種明かしも楽しいですが、
湯川准教授のこういった言動が好きで読んでいます。^^


2012年11月15日 (木) | Edit |
急に思い立って高速バスで金沢へ行ってきました。

天気はあまり良くなく寒かったですが……。

片道4時間くらいで行けて、運賃は何と往復6千円程度とお手軽です。


車内での時間の過ごし方ですが、電車の中ですと本を読めるのですが、
バスは揺れるのでそうもいきません。

そこで、今回活躍したのがウォークマンです。

コンパクトでバッテリーも長持ちで
往復の8時間程度では電池の表示が全然減りませんでした。

最近入手したある方の講演のCDや過去に聞いた音源をたくさん入れて持って行きました。

こういう時でもないとなかなか聞く機会がないので、
今回良い機会になり、改めて勉強になりました。

バスでの移動時間も心地良く過ごせてハッピー、ラッキーです。


老スギ


2012年11月14日 (水) | Edit |
病気が治りたいという思いは、治りたいと思っている状態を実現させています。
本当に治るためには、完了形で治りましたというイメージを持つか
治りたいという思いを忘れてしまうかどちらかの方法で治ることになります。

『未来から考える新しい生き方』より

2012年11月13日 (火) | Edit |
下半身のダイエットには歩き方が重要なポイント
ということを先日書きました。

実は【歩き方】にも段階がありまして、
教わって練習すればだいたい出来るようになる
いわゆる「正しい歩き方」(※体の歪みを整えるとより歩きやすくなります)と、

そのさらに上の段階のよりダイエットを意識した歩き方があります。

ダイエットを意識した歩き方は、腰の筋肉も使って歩きます。

ただし、体幹の奥にある腰の筋肉は、普段あまり使っていないので、
いざ動かそうと思っても、なかなか思うように動いてくれません。

なので、残念ながら単に歩き方が分かっただけでは、実際には出来ない方が多いです。

出来るようになるまでは、ある程度のトレーニングが必要です。

当施設では、そのトレーニングのためのマシンを2年ほど前から導入して、
クライアント様にご利用頂いております。

ダイエットを意識した歩き方の動作を学習するためのトレーニングマシンです。

どうせ歩くなら、効果のある歩き方で効率良くダイエットに役立てたいですね☆


2012年11月12日 (月) | Edit |
昨日は、加圧トレーニングの勉強会が名古屋であり参加して来ました。

名古屋では2回目の開催ですが、話を聞けば聞くほど奥が深いと感じます。

加圧トレーニングに限りませんが、何事も表面的な理解だけで済ませていると
分からない奥深い世界がありますね。

少しでもトレーニングの質を上げて行けるよう、しっかり取り組んで行きたいと思います。


因みに、AEDの講義もあり、胸骨圧迫による心肺蘇生の実技もやりました。勿論人形で。^^

初めてでしたが、思ったよりも簡単に出来そうでした。


色々勉強できて良かったです。

講義頂いた先生方、ありがとうございました。

2012年11月11日 (日) | Edit |
下半身太りの体型を何とかしたい・下半身を細くしたい

女性のダイエットの中でも「下半身を痩せたい」という目的が多いです。

下半身が太ってしまう原因はいくつかあると思いますが、
一つは普段の動作が大きく関わっています。

例えば、水泳の選手は肩幅が広がるように、
普段から体をどう使うかによってある程度体型は決まってきます。

それで、下半身の体型について、一番関係してくると思われる動作が【歩き方】です。

あまり意識せず何気なく歩いていると思いますが、実は歩き方はかなり個性が出ます。

歩き方が、下半身全体の肉付き、腰まわり、お尻まわり、
足首のくびれ(アキレス腱が出る/出ない)、O脚、X脚、外反母趾、などなど……
様々な面に影響しています。

勿論、歩き方だけ変えればいいというものではありませんが、
重要な要素の一つであることは間違いないと思います。

当施設では、治療やトレーニングを受けて頂いている方に、
必要に応じて【正しい歩き方】も身に付けて頂けるようにしています。

歩き方を意識してから、ダイエットの効果が高まったという例もありますし、
気持ちの面も好転したりと、様々な意外な?効果も見られます。

まずは、歩き方から変えてみるのもいいかもです。^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。