--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月21日 (水) | Edit |
前回の続きになりますが、
『適正圧』には、幅があります。

圧が高ければいいというものではありませんが、
例えば、150-200が適正圧の範囲とした場合、
いかに200で頑張れるかがポイントになります。

そして、さらには、適正圧の範囲の上限を220,230へと
上げて行けるとさらに効果が期待できます。

しかし、単に圧を上げ続けて、220の圧でチャレンジすると、
止血してしまいトレーニングが失敗してしまうこともあります。


そこで、適正圧の上限を上げていく一つの手法としては、
単に圧を上げ続けるのではなく、加圧と除圧を繰り返すという方法があります。

加圧し、除圧すると、圧迫されていた血管も緩みます。
それから再度加圧すると、血管に抵抗力ができているため、
最初と同じ圧でも余裕ができ、多少強い圧でも大丈夫になるわけです。

風船を最初に膨らませる時には、強く息を吹き込まなければ膨らみませんが、
一旦膨らませた風船を再度膨らませる時には、比較的楽に膨らませるのに似ています。

・・

勿論、今回も加圧トレーニングの話をしたかったわけではありません。^^

自分が取り組んでいることについても、加圧と除圧を繰り返しながら、
自分なりにコンディショニングして行き、自分の適正圧の範囲を上げて行ければ、
それが成長したということではないかと思うわけです。

そして、その試行錯誤しながら自分の適正圧を模索している間が
実は成長している最中ではないかと思うのです。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。