--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月07日 (金) | Edit |
自分が正しいと思ったことが、人から否定されることもあります。
その逆で、人の主張を自分が否定することもあります。

一体、何が正しいのか。
何をもって善悪を判断すれば良いのでしょうか。

正否の判断は法律に任せるしかないのでしょうか。

しかし、裁判ですら、第一審と第二審で判決が覆ることもあります。

・・

ちょっと大袈裟かもしれませんが、

人の悩みのほとんどは人間関係の悩みで、
自分の主張と相手の主張が食い違い、
考えが合わないところから来ているのではないでしょうか。


そんな時の指針はやっぱり「愛」だと思います。

昔、「ひとつ屋根の下」というドラマがあって、
結構流行ったと思うのですが、主人公のあんちゃんのセリフ
「そこに愛はあるのかい?」

これだと思います。


昨日、この本を読み返して、しっくり来ました。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。