--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月20日 (木) | Edit |
治療家になるまでの足跡

前回
マッサージへ
のつづき


○とうとうぎっくり腰に
そうこうしているうちに、ある日、仕事中に腰を屈めた拍子に
腰に“ビリッ”と電気が走りました。今まで味わったことのない
衝撃でしたが、瞬間的に「これがぎっくり腰だ!」とわかりました。
別に重いものを持ったわけでもないのですが、この時の腰の痛みは
かなりのもので、まともに歩けませんでした。この日は、歩いて20分
ほどの客先で打ち合わせの予定があったのですが、とても歩いて行く
事が出来ないため、タクシーを使い、タクシーを降りてからも腰を
引きずるようにして何とか客先の会議室まで辿り着いた状態でした。
打ち合わせが終わり、近くの整形外科に行ったところ、急性腰痛症
と診断され、コルセットをするように言われました。この時は、
ものすごくゆっくりでないと歩けませんでしたし、寝る時もどの体勢
でも痛くて辛かったのを覚えています。その様な辛い状態が、2,3週間
くらい続いたでしょうか。それでも徐々に痛みも和らいで治りかけていた
のですが、その治りかけていた時に、再度ぎっくり腰になってしまった
のです。今度も仕事中に腰を屈めた時でした。また同じ整形外科へ行った
ところ、呆れられて腰に注射を何本も打たれました。周りからも
「自覚が足りない。」と責められました。
自分ではそれほど無理をしたという気は無かったのですが、
もっと注意して生活をしなければならない体になってしまったのだと
感じて少し落ち込みました。


次回
何とかして治したい
につづく
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。