--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月12日 (水) | Edit |
「時有否泰」
 この言葉の意味は、運によって良い時も悪い時もある
 といった意味だそうです。

“否泰”というのは、易の言葉だそうで、
 否=陰、泰=陽 を表すそうです。

そして、文章で書くと少しややこしく感じてしまいますが、面白いのが、
 陰が上で陽が下なのが“泰”で
 陽が上で陰が下なのが“否”という考え方です。

普通に考えたら、天を表す陽が上で地を表す陰が下なのが、
“泰”となりそうですが、逆なのですね。

天が上で地が下にあるのは、既にバランスのとれた状態なので
その状態からは何も変わらない行き詰まった状態ということで
“否”になるということです。

易のことは詳しく知りませんが、
この様な考え方が易の哲学の基本にあるそうで、
なかなか面白いと思いました。^^

確かに、一見上手く行っている時こそ、注意が必要で、
上手く行かずにもがいている時こそ、そこから学べることがあったり
成長できたり良い方向に向かえるものだと思います。

その時々の自分の状態を確認しながら、
成長に繋げて行けるよう、頑張って行きたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。