--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月20日 (木) | Edit |
先日あるテレビ番組でハンマー投げの室伏選手が
トレーニングについて話をされていました。

室伏さんは、選手でありながらスポーツ研究もしておられ、
体育学の大学准教授でもあるんですね。

先回の世界陸上では36歳で金メダルを獲得された室伏選手。

年齢とともに力は衰えて行くはずなのに、
なぜ良い成績を収めることが出来たのか・・・…?

興味深く聴かせて貰いました^^

・・

筋肉を鍛えるのには年齢的にやはり限界があります。

寧ろ同じ筋肉ばかりを無理に鍛え続ければ、
故障に繋がる可能性も出てきてしまいます。

そこで、目を付けたのが筋肉をどう使うか、
どの筋肉を使うかということです。


実は、人の体には600もの筋肉があります。

しかし、全ての筋肉をバランス良く使っているわけではなく、
よく使う筋肉とあまり使わない筋肉があるのです。

人が体を動かす時(運動する時)にも癖がありますので、
自分が使う筋肉はだいたい決まってしまっています。

そこで、今まで使っていなかった筋肉も鍛えて、
体の筋肉をトータル的にバランス良く使おう!
ということです。


そして、そのためにポイントとなるのが、
筋肉を動かすための指令を送る【脳】と【神経】です。

今まで使っていなかった筋肉は、いざ動かそうと思っても
脳がどの様に指令を送れば良いのか分かっていなかったり、
脳から筋肉までの神経回路が眠ってしまっていることが多いです。

ですので、筋肉を鍛える前に、脳と神経を鍛えるというか、
活性化させる必要があります。


室伏選手は、理論的に考えてここに行きついたようです。

そして、独自に考えたトレーニングを実践し、
成果を出しておられます。

・・

実は、当施設で行っているトレーニングも
同じ考え方に基づいています。

名古屋千種区加圧トレーニングセンターをご利用の方はご存知の通りですが、
当施設では脳と神経回路を活性化し、
インナーマッスル、体幹の筋肉を鍛えるトレーニングを行っております。

お越し下さるクライアント様に、より効果を高めて頂けるよう、
日々考えて取り組んで行きたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。