--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月19日 (月) | Edit |
就職先とか、誰と付き合うとか、結婚するとか、
重要な選択に迫られた時にどうやって選んだらいいか?

先日、あるクライアントとの会話から
【ちょっかん】がいいという話が出ました。

そのクライアントは、ある重要な選択が必要な場面で、
どう選んだらいいかわからず悩み、ネットで【ちょっかん】
に頼るのがいいといった内容を見つけられたそうです。


確かに、最初に【ちょっかん】でイイと思った方が
やっぱり良かったということは、経験があると思います。

ただ、逆に第一印象でイイと思った方が
後から考えると良くなかったという経験もあるかと思います。


私は、【ちょっかん】といっても、
『直感』と『直観』があるのではないかと思います。

『直感』の方は、感情を伴っているので、
その時の感情によって思考が左右されてはいないでしょうか。

例えば、以前人から怒られて怖い思いをした場合、
恐怖といったマイナス感情を持っているので、
その感情に引きずられて、見た目が怖そうな人(場所)は避けるとか……。

しかし、感情的なものに引きずられて判断してしまうと、
あとあと、後悔することもあるかもしれません。

一方、『直観』は、よく観て観察し考えます。
感情に引きずられず冷静に思考を働かせます。


決して感情を否定するわけではなく、
感情そのものは勿論必要ですが、重要な選択をする場面では、
まず冷静に考えることが必要ではないかと思うわけです。

冷静に考えた上で、やっぱり感情的に違う方を選択しても
承知した上で自分がそう決断したのであれば、
それはそれで『有り』だと思いますが。


当院のセラピーでは、マイナス感情を取り除けますので、
冷静に判断できる良い状態で直観力を働かせて頂きたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。