--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月01日 (土) | Edit |
もう十何年も前のことですが、以前いた会社の忘年会か何かを
大きな客船でクルージングしながらやったことがありました。

その時、入社数年目だった私の一つ上の先輩が、
意外な特技を持っていて、手品を見せてくれたんです。

それがかなり本格的なもので、とてもビックリしたのを覚えています。

というのは、その先輩は、正直あまり仕事が出来る人ではなかったので…(笑)

いわゆる仕事中はパッとしない人が、手品をさせたら凄いという
そのギャップもプラスされて、とても感動した覚えがあります。

それで、当時まだ初々しい?社会人だった私は、
ビックリした感動そのままのリアクションだったんですね。
素直に、「えっ?! すごい~!」みたいな。

手品をする人は、見る人の驚いたリアクションが嬉しいようで、
その先輩は、私のリアクションに喜んで、次々に色んな技を見せてくれました。


一方、その先輩の先輩とかは、「どうせ仕掛けがあるんだろう」
(手品なので仕掛けがあるのは当たり前ですが^^)みたいな感じで、
あまり素直に驚きを表していませんでした。

そうすると、そういう人のところでは、手品をやってくれなくなるんですね。

やっぱり盛り上がるところでやるわけです。


なぜか不意に、忘れていたそんな過去の出来事を思い出しました。


驚きとか感動とか喜びとか、そういったプラスの感情は、
自然と表に出せる方がいいですね。そして、その方が得だなと思ったのでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。